Red Leaves

大好きなことを、 おもうままにつらつらと。 since 2005.07.16 reborn 2010.01.01

タグ:全国ツアー

花組全国ツアーのチケット、まずひと公演確保。
多分今まで全ツ見てきた中で一番前の席な気がするよ。
後2カ月で見られますよ~。
実はらんらんコンビ(言うてもーた・・・)は初めて見ます(爆)。
なかなか見る機会がなく、お披露目から丸1年経過して、初めてですよ。。
蘭寿ねーさん、実はトラファルガー以来なんです(大爆)←それ以来宙組も見ていない・・・。


で、この花組全国ツアー。

ポスターがすんばらしいですねっ!!

ていうか、あのポーズがまさかポスターで見れる日が来るとは思わなかったよ。

そして、そのポスター、今日見てきた。
やっぱインパクトあるわーー(笑)。
これがものすっごいでっかいサイズになってホール外の看板に掲示されないかしら、と真剣に思ってるんですが。
なったらやたらそこ通るわ、私(笑)。

いやぁ。
交通費ゼロで宝塚が見れる日が本当に来るとは思わなかった。
昔のグラフとかで全ツ日程に地元が入ってた時に「なんでこの時ファンじゃなかったんだ!!」と思ってたけど、実現しちゃった。

いい機会なので、ひとを誘って見ます。
ここしばらく一人で遠征してて、とにかく寂しいのですよ!!(爆)


チケット取ったのは夜公演なので、昼公演は後で取ろうと思ってたの、です、が。

ぴあもローチケももうS席ないんですけど!!!
えぇぇぇ…!!
ホールもあんまり持ってなさそうだなぁ、と思ってたんですが(私が買う時に隣で買ってた人が昼公演のチケット探してて、座席表チラ見した)。
どこが持ってるんだろう。
後はもうCHUGEIしか思いつかないぞ。。。
どうしよ。
待ってたらなんかどっかからの戻り分とかないかな。


☆拍手を送ってみる☆

雪がー!とか寒いー!!とかこの連休なってますが。
何だかんだでうちの辺、晴れてます。
てこの「うちの辺」がほんとに家の周りだけに近いみたいですけど。
ちょっと山の方寄ったり海の方寄ったら雪が積もってるみたい・・・。
寒いのも、こないだの顔が痛い!とか耳が千切れそう!とかいうのを思うとそこまでじゃないかなぁ、、、みたいなかんじ。


の割に。
なんかまた咳が出るので風邪引いたっぽいですが(汗)。
て言うか治りきる前に次を引く、的な。
火曜日は花組さん行くんだからこれ以上重くしてなるものかぁぁあ!!気合いよ気合い。


昨日…?一昨日だっけ。
夏の雪組さんの予定が出ました。
ハウトゥサクシード、見たことないから(映画もない)、キムさんに会ってる作品ならいいなぁ、と思いますですよ。


雪組
■主演・・・(雪組)音月 桂

◆梅田芸術劇場メインホール:2011年7月1日(金)~7月17日(日)

ミュージカル
『ハウ・トゥー・サクシード』
How To Succeed in Business Without Really Trying!
-努力しないで出世する方法-
原作/シェパード・ミード
脚本/エイブ・バローズ、ジャック・ウェインストック、ウィリー・ギルバート
作詞・作曲/フランク・レッサー
脚色・演出/酒井澄夫


1961年にブロードウェイで初演され、1417回のロングラン記録を持ち、1962年度のトニー賞最優秀ミュージカル賞など数々の賞に輝いたヒット作で、現在ブロードウェイでの再演が大きな話題となっている『ハウ・トゥー・サクシード-努力しないで出世する方法-』。宝塚歌劇では1996年に真矢みき、純名里沙、愛華みれを中心とした花組で上演し、大好評を博しました。1950年代のアメリカのビジネスマン社会を皮肉ったミュージカルで、話題のビジネス成功法を耳にした窓拭き青年フィンチが、波乱万丈の出世街道を驀進する姿をユーモラスに描いたコメディ作品です

これってすみれさんときりやんが新公で主演した作品だよなぁ、とか、コムさんがアルバトロスでこの作品の曲使ってたなぁ、とかそういう印象の作品なんですよね。
というわけで「フィンチ」ってたらきりやんちのフレブルが一発ででてくる(笑)。

ちょっと公演期間短い気がする。
休演日込みで1日~17日って。
まぁ、いつも働きまくってるジェンヌさんたちなので、こういうこともありかな、とも思うけどね(苦笑)。


あとはそうだなぁ。
全ツのポスター出たんだっけね。
まっつがいる…!(嬉)
みみちゃん白い妖精だわ。かわいい・・・。
チケット取らなくちゃー。倉敷公演一般売りいつからだったかしら。

☆拍手を送ってみる☆

花組見てきたよーーー!!
昼公演はコードヒーロー組が見に来てたらしいね・・・。すれ違ったよ(涙)。(あ、見かけてもいませんよ)

いやぁ。
小芝居にあふれたメランコリックジゴロでござんましたよ。
もうね、カフェの場面とか、気付いたら真ん中で芝居が進行してるからね。

輝良まさとくんと瀬戸かずやくんがめっさかっこいい・・・!
と思いつつ、一緒にいる眉月凰さんが全く持って違和感なくいることに脅威を感じたり。
・・・王子と呼ばれているのを見かけるが、すごいよくわかった気がするよ。ともよさんすげぇや。

あとはカフェのマスターの浦輝ひろとくんの小芝居から目が離せなかったり。
寄付をお願いしまーすの女の子(春花きららちゃん?)とか、あと不倫カップルとかとかきりがないわぁ!!

あとはね。
仙名彩世ちゃんのイレーネ。
公演中一番初めの開場中の爆笑はここでした・・・(いやほんとに)。
上手くネジがはまらず「難しいわねっ」とか「ネジが止まらないわっ」とか言ってたのですよ。
手こずってる様子がまたおかしくて。
彩世ちゃんはほかの場面でも目を引きましたなぁ。

なんか一人ずつ語れそうな勢いでよかったなぁ。
全国ツアー満喫した。
実感ないわ、体調ぐだんぐだんだったりしたけど、やっぱり生で見ると元気になる。
これで明日からも頑張る。

これの感想文・・・もいつか書きたい。
演出がえっらい変わってる?と思ったとこもあったし。

あぁそうだ。
みんなセリフが全力疾走してましたよ。
テンポが良くなりすぎて走っちゃって、なに言ってるか聞ききれないとこがあったなぁ。
近くに座ってた人が「名前が聞こえなくて。あぁフェリシアね」とか幕間にパンフ見ながら喋ってたのが聞こえたくらい。。。


「主要登場人物」について全く語ってませんが、故意っちゃ故意です。
語りたいんだもの!

ショーも語りたいんだもの!!
黒燕尾見ると最近涙出るんですよ…。デュエットダンス見ても、、、。



時間よ降ってこい!!
一日があと4時間増えればいいのにー。寝る時間と遊ぶ時間を2時間ずつくらい。
。。。これ以上増やすと体もたないからさ。

☆拍手を送ってみる☆

相変わらず仕事がある日はぐったり死んでます、どうもこんばんわ。
来週からの遠征連投、大丈夫かな、と思う。。
遠征当日じゃなくてその次の仕事が・・・(苦笑)。


さて。
来年の春の雪組の予定が出ました。

まずは全ツ。


雪組
■主演・・・(雪組)音月 桂

◆全国ツアー:2011年4月23日(土)~5月22日(日)

ミュージカル・プレイ
『黒い瞳』
-プーシキン作「大尉の娘」より-
脚本/柴田侑宏 演出・振付/謝 珠栄

1998年に真琴つばさ、風花舞、紫吹淳ら月組により上演され大好評を博した、ロシアの文豪プーシキンによる「大尉の娘」をモチーフにした作品。

ショー
『ロック・オン!』
作・演出/三木章雄

2010年、水夏希を中心とした雪組により上演された『ロック・オン!』を、雪組新トップスター・音月桂のためにリメイクして上演いたします


「黒い瞳」!!

紫吹さんが「プガチョフ」って役やって、その代役を祐飛さんが何日かやった、ってことしかよく知らない公演。(またなんてピンポイント) 
あとはなんとなく名場面、みたいなところでぼちぼち見たことあるけど、通しては多分見たことないんだよなー。
柴田先生の作品、最近全国ツアー多いけど、なんで大劇場でやらないんだろう。。。
そしてロックオン。
前トップサヨナラ公演のショーは再演する、という決まりでも出来たんだろうか最近。というくらい多いね。
でもまぁ何はともあれ、あのプロローグがまた見れるのかと思うと楽しみですよ。
キムがんばれー。出ずっぱりだわ。

5月の全ツ、ということで、広島公演があります~。
あと倉敷もあります~。
・・・広島、半年に一回ペースなんだけど(10年5月星組、10年11月花組、11年5月雪組)。どうしたんだろうか。
せっかくだったら広島県内の別の街とかも来てくれるといいのにな。
倉敷も来年は広島と同じ組がくる、ということで、この雪全ツも倉敷で見ようとするのではないかな。

てことで、今日キムさんファンの友人に半年先の楽しみを告知しておきました。
超絶仕事忙しかったんですが、すごい勢いで顔がニヤけてた(笑)。
まず彼女とはロミジュリが先です。

そして、バウホール。


雪組
■主演…(雪組)早霧 せいな

◆宝塚バウホール:2011年4月28日(木)~5月8日(日)
◆東京特別(日本青年館):2011年5月13日(金)~5月19日(木)
バウ・ミュージカル
『ニジンスキー』-奇跡の舞神-
作・演出/原田諒
  
伝説の天才バレエダンサー、ヴァーツラフ・ニジンスキーの半生を描いたミュージカル。生涯を共にした妻ロモラとの愛、ロシアバレエ団「バレエ・リュス」を率いるディアギレフとの確執。20世紀初頭、“レザネ・フォール”と言われた時代のパリを舞台に、豊かすぎる美貌と才能が、一人の男にもたらした栄光と破滅をドラマティックに描き出します。


ちぎちゃんでニジンスキー。バレエダンサーのお話らしいです。
解説文には見たことある単語が並んでおりますね。「バレエ・リュス」とか「レザネ・フォール」とか。
でも実はよく知らない、という(爆)
単独主演てちぎちゃんもしかして初めてかな?おめでとーーー!!

さて。
雪組はロシア物づいてますね(笑)。
気のせいじゃないはず。
ロシアンブルーとかカラマーゾフとかオネーギンとかとか。
で、同時期上演作品がどっちもロシアの話とかめったいないと思う。

これ、振り分けどうなるんだろうねー。ヒロインが誰だろうとはもう聞きません。
全国ツアーは絶対どっちかで見るにして、バウもなぁ。
来年こそは!!(今年の目標バウホールデビュー、果たされず…)


というわけで、仕事で手いっぱいだったため、まだグラフ買えてない(涙)。
ポートレートがすずみん、まっつ、まさこさん、でひじょーに楽しみなのに。
表紙のちえさんもかっこいいのに。
明日こそは買う。。。

☆拍手を送ってみる☆

そいえば。
昨日星組さん全ツグループ、あっという間に集合日でした。。。
配役出ましたねぇ。
しかし宙組さんバージョン、映像で何度か見てるけど名前を覚えてないですよ(爆)。

検索かけて(モバタカなら過去配役見れる)、自分のために(毎回恒例)一緒に折りたたみ部分に配役はっつけときます。

さて、配役といえばですね。
今日のタカラヅカニュースで。
「フランスダイジェスト」っていうそれだけ見ただけじゃ、なんのこっちゃ、っていう項目があったのですが。
見てみれば。

ちえねねてる、がパリでロミオ&ジュリエットを観劇。キャストを表敬訪問、のダイジェストでした。
どうもニュース本編は4月入ってから(って明日から4月ですが)、特別番組が6月にあるらしい。

いつの間にパリへ!とか思ったんですが、それよりもさらっとその映像の中でかなめさんの役が出てたのですよ。

ティボルトだそうですよ。

って知った瞬間頭を駆け巡ったのは高根ティボルト。高根坦のサガです(笑)。

というのは置いといて。
かなめティボルト。。。ティボルト。。。ほぉぉぉぉ・・・・・・。
また新しいかなめさんが見れるといいなぁ。

っていうか、見れるかなぁ、この公演。。。


ってーなわけで、激情の配役を下にはっつけてます。

☆拍手を送ってみる☆続きを読む

↑このページのトップヘ